オイルとローションの違いを3時間かけて調べてみた♪(完全保存版)

スポンサードリンク




カサカサゴアゴアの肌トラブルが起こりやすくなる肌寒い季節。
膝や肘が粉吹き、かゆみが出たりと、悩みはつきません

私も乾燥しやすい時期になると、オイルとローションをたくさん使ってしまいます^^;

いつの時期もキレイな素肌をキープしてる女性はとても魅力的ですので、誰もがしっとり肌をキープして毎日楽しく過ごしたい!と考えていますよね^^

そんなわけで今回は、知ってるようで知らなかったローションとオイルの違いをご紹介していきますので、参考にしてみて下さい♪

オイルとローションの使い分けはココが重要!!

ではオイルとローションの使い分けの前に、オイルとローションの違いについて解説しますね。

<オイルの特徴>
オイルの特徴ですが、オイルにはお肌の保湿や老化防止の効果があると言われていて、ココナッツオイルやホホバオイルアルガンオイル等、さまざまなオイルがあり、ドラッグストアなどで簡単に手に入ります。

オイルは滑りが良いので、エステ等のオイルマッサージ、お風呂上りの濡れたままの肌に塗る事で水分とオイルが乳化して高い保湿効果を発揮したり、妊婦さんの妊娠線の予防に使われたり、さまざまなシーンで使用されています。

伸びが良いため塗りやすく、肌への浸透力も良いです。最近はべたつきが抑えられているオイルも増えてきてより使いやすく進化しています。

またオイルは身体だけではなく、髪やネイルケアにも使え、パサパサした毛先の保護や、ささくれ等の予防、爪先ケアにも使われています。

<ローションの特徴>

ローションもオイルと同様で、身体はもちろん顔にも塗る事ができます。
ただテクスチャーがオイルよりもサッパリのものが多いです。

香りのついたローションも多く、リラックス効果も期待できるので、好みに合わせて選ぶことができるので、選ぶのも楽しいです!

ベタベタしすぎないので、オイル系が苦手な方に選ばれやすいです。

保湿力はオイルにやや劣るものの、乾燥の気になる部分には重ねて塗り込む事で保湿効果UPが期待できますね。

スポンサードリンク

オイルとローションを肌タイプで解説します!

オイルケアがおすすめの肌タイプは?

オイルケアは保湿効果の高さから、乾燥肌・敏感肌の方にオススメです。

刺激の比較的少ないオイルは赤ちゃんにも使う事ができる商品も多く、マッサージやヘアケアはもちろん、ポイントメイク落とし等、1つ持ってるだけでかなり使えます!

私は足のむくみがひどいので、夜お風呂上りにオイルを使ってマッサージをしています!しっかり保湿もしつつ、足もスッキリするので毎日の日課になっています。オススメです☆

ローションがオススメの肌タイプは?

比較的軽い付け心地なので、どんな肌タイプの方にもオススメ

香りの良い商品も多く、お出かけ前に軽いフレグランス代わりにつけてみたり、おやすみ前につけてリラックス効果を得てみたり気分によっていろいろ使い分けてみるのも楽しいです!

保湿効果はオイルタイプの商品よりやや劣る為、乾燥肌の方はオイルとの併用をしてみるのも良いですね。

併用する事でよりしっとりとした使用感になるので乾燥がひどくなる季節には良いかもしれません。

私は、外出前に腕や足のかさつきやすい部分に塗って潤いを補給しています!

フレグランスローションは香りがきつすぎる事がないため、外出先で褒められることもしばしば・・・手軽に香りのおしゃれを楽しむ事ができますね!

オイルとローションの違いまとめ

いかがでしたか?
今回は、知ってるようで知らなかったオイルとローションの違いについてまとめてみました。

肌トラブルの多い季節なら尚更、おうち時間が増えているなら、自分にあう保湿をして、磨きをかけステキ女子に近づきませんか?

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする