体重を維持しながらの筋トレは難しい?抑えておきたいワンポイントもご紹介します。

スポンサードリンク




痩せたくて筋トレしていたハズが、いつの間にか体重が増えてしまっていた

そんな経験をしてしまった方は、私を含め少なくありませんよね(笑)

かっこよく引き締まった、魅惑のボディを手に入れたい!

そう思って始めていたら尚更、体重が増えてしまうのはショックだと思います。

えっ?なにこれ?空気って太るの?水って太るの?」そう勘違いしてしまうかも知れません。

そこで今回は、できるだけ体重を維持したまま綺麗なボディラインを作るためのポイントをご紹介しますので、参考にしてください。

体重を維持するための摂取カロリーの平均は?ざっくりですが目安をお伝えします。

目標体重を目指すためには、1日どのくらいのカロリーを摂取したら良いのでしょうか?ここでは、摂取カロリーを計算する簡単な方法をご紹介します!

あなたが1日に必要なカロリーはどのくらい?実際に計算してみましょう!

自分が体重を維持するのに必要なカロリーは「自分の体重 × 33」この式で簡単に計算できます。

例えば、体重50kgの人であれば、50×33=1650カロリーということになります。

あくまで簡易的な方法ですが、自分の目安摂取カロリーがすぐに分かって便利ですよね♪(明日、誰かにドヤ顔で自慢して下さい 笑)

ダイエットをするには、この数値を基準にして、少しずつ目標体重の摂取カロリーまで減らしていきましょう

また急激に摂取カロリーを減らしてしまうと、リバウンドの原因にもなってしまいますので、注意が必要です。

私も、急いで痩せようと食事制限をして、何度もダイエットが3日坊主になってしまったことがありますので、自分のライフスタイルに合わせて、無理せず徐々に下げていきましょう。

体重維持は難しい?一般的に体重維持で気をつけようといわれているポイントは?

そもそも、脂肪よりも筋肉のほうが重いので、筋トレをすると筋肉が増えて体重が増えるのは仕方が無いことかもしれません

スポンサードリンク

特に女性の場合は、骨密度が男性よりも低いため筋トレをすると体重が増加しやすいのです。

とはいえ、筋肉が増えたと分かっていても体重も増えてしまうとダイエットへのやる気がなくなってしまいますよね。

そこで体重維持しながら筋トレする時に気を付けたいポイントを4つご紹介します。

筋トレしながら体重を維持するためにはどうしたらいい?

1. 食生活を変えない
筋トレを始めたことで、食べる量もモリモリ増えていませんか?(動けばお腹がすくのは当然なのですが^^;)

ダイエットに大きく関わってくるのがやはり食生活。運動量を増やしたからといって食べ過ぎには注意です。

2. タンパク質を摂取する
痩せたくてカロリー制限をするとたんぱく質の摂取量も低下しがちなので、筋肉量を減らさないためにも、たんぱく質は意識して摂るようにしましょう

しかし、タンパク質の摂り過ぎでカロリーオーバーしないようにしっかりと管理することが重要です。

3. 体がむくんでいる
筋トレをした翌日に体がむくんでいると感じたことありませんか?
しかし、これは体内に多くの水分を溜め込んでいるだけで、水分が排出されると元に戻るそうです

そのためむくみが原因の体重増加は気にしなくてオーケーです。ムクミウェルカムです。

4. 体重が減るのは少し後
筋トレを始めてから効果が出るまでは、2週間以上かかるといわれています。

しかし筋肉がつくと基礎代謝が上がり、徐々に痩せやすい体になっていきます。

すぐに変化が出るわけではないので、筋トレを辞めずに頑張ってモチベーションを維持しましょう!

体重が増えるとゾッとしますが、それも一時的な可能性があります。

体重で一喜一憂するのではなく、見た目を重視すると良いでしょう。

あと、辛いしめんどくさいのは重々承知ですが、筋トレを継続することが大事です。コツコツと努力して、太りにくい体を作っていきましょう!

筋トレを続けて、健康的な体作りを目指しましょう!

筋トレを続けても、しばらく結果が出ないと落ち込んでしまいますよね。

しかしそこであきらめないことが大切です。

筋トレと同時に、食生活や摂取カロリーを見直すことで効果が期待できますね。

理想のボディを目指して筋トレダイエット頑張りましょう!

(自分で自分に言っているようで、何だか複雑な気分ですが笑)

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする