賞味期限切れの卵はゆで卵でイケる?明日役立つ豆知識や消費方法とは?

スポンサードリンク




卵をついつい買い過ぎてしまい、使い切れないことって結構がありませんか?

そもそも卵は、賞味期限も長くないので、つい忘れたままダメにしてしまいがちですよね?

そんなわけで。

今回は「賞味期限が切れた卵に火を通してゆで卵にしたら長持ちするの?」から始まり、「生のまま食べられる、お腹を壊さないギリギリの期限はどのくらい?」など。

読んですぐに役に立つ、気になる卵の賞味期限に関するお悩みを解決していきますね!

とはいえ、賞味期限を切れたものを食べてお腹を壊しても、自己責任になってしまいますので、あくまでも知識として取り入れるくらいが丁度いいと思います^^;

賞味期限切れの卵を生で食べるとどうなる?ギリギリのラインや危険性は?

知らない人も実は多いのですが、卵のパックに記載されている賞味期限は生で食べられる期限のことなんです。

なので、賞味期限が少し過ぎていたとしても、しっかりと火さえ通せば問題なく食べることもできるんだとか。

一般的に店頭に並んでいる卵なら、産卵後7日以内にパック詰めされ、パック詰めしてから約2週間後の賞味期限で販売されているものが多いです。

しかし!

卵の賞味期限について詳しく調べると、こんなデータもあります。

・ 夏は産卵後16日以内
・ 春秋は25日以内
・ 冬は57日以内

もちろん保存状態や季節にもよりますが、1週間ていどなら賞味期限が切れていても食べられるということになりますね。(理屈の上では)

要するに、販売されているパック卵の賞味期限は、短く表示されていることが大半なんです。

と、理屈ではそうだったとしても。

もちろん変な臭いや味、体調に異変を感じたら、すぐに廃棄しましょうね^^;

尚、卵で特に怖いのが、サルモネラ菌による食中毒で、夏に発生することが多く、十分に加熱していないと下痢や吐き気を引き起こすそうです。詳しくは専門家に聞いてみてください。

2日から3日なら賞味期限を過ぎても気にせず食べられそうですが、1週間以上過ぎると生で食べるのは危険かもしれませんね。注意しましょう。

賞味期限切れの卵。半熟で食べたらどうなる?食べた時の対処法は?

賞味期限が切れた卵はどうやって食べるのがベストなのでしょうか?

一番はしっかりと加熱して、ゆで卵にしてしまうこと何だそうです。

半熟玉子で食べるより、しっかり火を通した固ゆで卵を推奨します。

これはサルモネラ菌は熱に弱く、70℃以上で1分以上火を通せば死滅するからと言われています。

ゆで卵の日持ちはどのくらい?

スポンサードリンク

尚、賞味期限切れの卵をゆで卵にした場合ですが、調理方法や保存方法によって日持ちが異なりますので、参考までに、それぞれの日持ちの目安を記載しますね。

・ 殻付きゆで卵 3~4日
・ 殻をむいたゆで卵 1~2日
・ 半熟卵 1~2日

粗熱を取った後に保存するときは、殻付きのままのほうが日持ちします。常温では非常に傷みやすいので、必ず冷蔵保存するようにしましょう。

また醤油などの調味料を入れて煮卵のようにするのも美味しいのでオススメですが、だいたい1~2日で食べきるようにしましょう

味玉は美味しいので、我が家では1日でなくなります(笑)

賞味期限切れの卵で注意をする点は?

賞味期限切れの卵を食べる前に注意をしたいのは、見た目や臭いです。

必ずチェックをして腐っていないかどうか確認することが何より大切です。その時、変色していたり、変な臭いがしたら腐っている可能性が高いので処分しましょう。

また、ヒビが入っている卵の場合、穴から雑菌が繁殖する可能性があるため、賞味期限に関わらず、早めに火を通して消費しましょうね。

もちろん食中毒かな?と思ったら、必ず医者の指示に従ってください。

卵をできるだけ長く保存するには?気を付けたいポイントを3つご紹介します。

卵を長く日持ちさせるには保存方法がカギとなります。

できるだけ新鮮な状態をキープするポイントを3つご紹介します。

1. 卵は水で洗わない
卵を洗ってしまうと、殻にある小さい穴から雑菌が入り込んでしまう可能性がありますので、どうしても汚れが気になる場合はさっと拭き取りましょう。

2. 冷蔵庫の奥で保存する
冷蔵庫の温度が一定に保たれている奥に入れて保存するのが、卵の品質を保つ上でベストです。
その理由は、ドアの開閉などによる温度変化の影響を一番受けずに済むからです。

3. 尖ったほうを下向きに保存する
尖ったほうを下向きにすることで割れにくく、卵の内部の空気を安定させてくれます。

パックされた状態では、尖ったほうが下になっていますが、移し替えるときも同じ向きで入れましょう。

ちょっと工夫するだけでより良い状態で卵を長持ちさせられそうですね!

生や半熟で食べることもある卵は、特に保存方法や日持ちに気を付けてお腹を壊さないようにしましょうね。

賞味期限切れの卵は食中毒に注意して上手に食べましょう!

卵はパックに記載されている期限よりも、長く食べられるということが調べてみてわかりました!

私もこれを知る前は、「10個パックを安く買えた♪」と喜んで買ってきても、賞味期限内に食べきれず、処分してしまうことも多々ありました。

気づいたら賞味期限を2日ほど過ぎてしまい、残りはゴミ箱へというパターンです^^;

あぁ、なんてもったいないことをしていたんでしょう!

賞味期限が過ぎても、ゆで卵にすれば食べられるんだと思うと、かなり損をしてきました。

もちろんサルモネラ菌の食中毒などの危険がないわけではないので、そこにも注意して、保存方法や消費目安を正しく守り、おいしく安全に卵を消費したいと思います!

ゆでたまごサラダや味付け卵の頻度が増えそうです!