プロポーズに失敗。指輪のその後を調べてみると驚きの結果が!?

スポンサードリンク




長年付き合ってきた彼女にプロポーズ!

したものの、失敗してしまった。

避けられることなら、誰しもそんな経験はしたくありませんよね?

一大決心をして買った指輪も、失敗してしまったプロポーズの後に使いみちはありません。この指輪の行く末は一体どこへ?

プロポーズに失敗した場合、指輪はどこへ行くのか?

プロポーズに失敗した際の指輪の行方ですが、調べてみた所、お店への返品は難しいそうなので、買い取ってもらえるお店を探すのがベターみたいです。

フリマサイトやオークションサイトでも売れるでしょうが、手間が発生しますので、貴金属を専門に扱っている所が良いでしょう。

この結果には驚きました!

ドラマとかで見るように、ゴミ箱に投げ捨てるのかと思っていましたが、まさかの買取に出すとは^^;

プロポーズに失敗!別れる原因にはどんなものがあるのか?

プロポーズに失敗してしまい、その後辛い別れになってしまったカップルの原因を5つご紹介します。

その1: 女性側が男性側との未来を考えられなかった

女性側の意思に関わらず、男性側が叶わないような大きな夢を持っていたり、海外で暮らしたいと思っていたり、付き合っている当時から人生計画をあまり話し合っていなかったパターンです。
二人のこれからが不透明すぎて、結婚してしまうことに不安になるのかもしれません。夫婦はチームですから、目標がバラバラだと続けるのが難しいかも知れませんね。

その2: 旦那として見れなかった

金銭的感覚の違いや価値観の違い、彼氏としては良かった所が、旦那さんとして見た時に不安になってしまった、頼りなく思ってしまったのが原因です。
確かに恋人と家族では感覚が180度違いますよね。

その3: 長年付き合ってマンネリ化した

学生から付き合っている場合など、長年付き合い続けてしまうと家族のようになってしまい、新鮮さがなくなって飽きてしまうパターン
結婚後も何も変わらないのではないかと思ってしまい、結婚をしたくなくなってしまう。

またプロポーズが遅すぎた場合なども、当てハマるのかも。

その4: 仕事が充実しすぎている

女性が仕事に没頭していると、結婚して落ち着きたいという気持ちにならない場合も最近では増えているようです。
このタイプの女性は仕事がひと段落したり、タイミングが合えば結婚をしたいと思っているので、時間をあけて、もう一度プロポーズをしたらOKがもらえるかもしれませんが乗り遅れてしまうことも。

スポンサードリンク

その5: 他に好きな人ができた

プロポーズと同じ時期に女性側に気になる人が現れた場合もあります。
なかなかプロポーズに踏み切れないのは、別の男性の存在があるかもしれません。
女性がプロポーズを断るのは、それなりの理由があるかもしれないので、慎重に見極めることが重要です。

プロポーズに失敗!その後の辛い流れを5つご紹介します。

プロポーズに失敗してしまった男性の行き着く先とはどんなものでしょうか?
一般的に多い【プロポーズ失敗後】をまとめてみました。

その1: 結婚相談所、婚活パーティーに登録する

ずっと付き合いっていた人にプロポーズをして断られてしまった場合、次の恋人を探すための場に参加する人が多いようです。
ヤケクソになり、片っ端から参加してしまうケースも。

その2: マッチングアプリを始める

今までマッチングアプリをやったことのない人も、プロポーズを断られてしまったショックや反動で、開始するパターンもあります。
「今すぐ、この寂しさを埋めたい」と思っているパターンです。

その3: 家族から結婚について問われる

結婚を考えていた相手との別れに、両親や親戚などから、「あなたはいつ結婚できるの?」と心配されます。
両親は付き合っている人と結婚するかもしれないという期待があったために、プロポーズが失敗してショックを受けていますので、上手な伝え方が求められますね。

その4: 女友達とデートし始める

それまで長年友人関係を続けてきた女友達が急に恋愛対処に入る場合もあります。
もちろん信頼関係は出来ているので、女性側次第で交際したいと思っている事もあるでしょう。

その5: 男友達と遊びはじめる

今まで彼女に使っていた時間が全て自分自身だけのために使えます。
束縛する彼女だった場合なら尚更、自由を満喫できるでしょう。
どこに行くのも、誰と会うのも自由なため、そのまま恋人を見つけなくなってしまう場合も。

プロポーズに失敗。指輪のその後を調べてみると驚きの結果が!?まとめ

今回はプロポーズに失敗してしまう原因やその後についてでした。

結婚まで考えて付き合ってきたのに、突然の別れとなると本当に辛いですよね。

別れと出会いは表裏一体、辛くてもそう考えて進むしかないですね!

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする