電話が苦手な彼女。そもそもなぜ電話が苦手なのか?電話嫌いさんの本音。

スポンサードリンク




あなたは彼女とよく電話をしますか?恋人と電話するのは楽しいですよね♪

今日1日のできごとや今後の予定、何があったかを報告しあうカップルは沢山います。

しかし中には、彼女が直接会って話すのは好きでも、電話は苦手という相手もいます。

今回はそんな電話嫌いの彼女がいるあなたに、なぜ電話が嫌いなのか?どうしたら電話してくれるのか?電話嫌いの女性の本音をこっそり紹介します。

電話が苦手なのは病気?大人の発達障害について

「付き合ってる彼女はなぜ電話したくないんだろう?何か原因があるの?」
そんな悩みをもつ男性は多いです。

これは極端な話かもしれませんが、それ大人の発達障害の特徴はありませんか?

近年、若者の間では軽度の発達障害を抱えながら、友人、恋人、または会社での取引先との電話の苦手意識を持つ人が増加しているそうです。

発達障害を抱える人たちの電話でのコミュニケーションでは以下のような特徴があります。

・通話相手の話に共感できない
・挨拶ができない
・相手の話が理解できない
・重要な話でもメモを取ることができない
・雑談ができない

発達障害がある人が電話に出ると、直接会って話すわけではないので、相手の意図が理解するのが難しいというケースがあります。

本人に自覚がなくとも、他者の話に興味が持てないことによる共感への苦手意識や、急に電話が来ることでパニックを起こす人もいるのだそう。

大切な相手なら尚更、負担をかけずに電話をしたいと思いますよね。

電話が苦手なのは、どうすれば良い?はじめの一歩!

電話が苦手な人が電話嫌いを克服するためのはじめの一歩ですが、対処法はいくつかあります。

対処法その1:自分から話しかけようと気負いすぎない

スポンサードリンク

最初の一歩として、自分が聞き手にまわり、話を聞くだけでもいいかも知れません。
自分から話しかけようとアレコレ気負っては、こちらは緊張しますし、話したいだけという相手も少なくありません。

コツはとにかく共感です。否定せず話にのってあげましょう。

対処法その2:1日のノルマを決める

1日の中で、最低でも10回は挨拶をするなど、達成できそうな目標とノルマを決める方法です。この方法で成功できれば自信がつきますし、少しずつ、コミュニケーションへの苦手意識の改善につながると思います。

対処法その3:電話対応のマニュアルを作成する

突然の取引先からの電話にパニックになってしまう人にはこの方法がオススメです。
多少マニュアル通りにはいかなくても、大体何を言うかを考えておくことによって、頭が真っ白になってしまうという事態は防ぐことができるでしょう。
また相手の話に共感する必要がないので、リラックスして受け答えができるでしょう。

対処法その4:本当に伝えたいことは、手紙やメールを使う

これは恋人とのやりとりにぜひ実践してもらいたい方法です。
突然恋人と喧嘩をしてしまい、電話だと何が言いたいのか分からなくなってしまったという事態を防ぎます。手紙やメールを使うことによって相手に何を言いたいのか頭の中で整理することができます。

対処法その5:周りに無理のない範囲で発達障害のことを打ち明けてみる

もし恋人との電話に問題があるのであれば、発達障害を打ち明けることができれば、きっと恋人はあなたの力になり、理解してくれたり、支えてくれるでしょう。
職場でもし何か業務上支障があるのであれば、上司の方に相談するのも一つの方法だと思います。

電話が苦手な彼女。そもそもなぜ電話が苦手なのか?電話嫌いさんの本音。まとめ

今回は、電話が苦手な彼女の理由と、その対処法についてご紹介しました。
どの対処法も最初は面倒に感じるかも知れませんが、簡単に実践できるものだと思うので、ぜひ試してみてくださいね。

彼女と発達障害という壁を乗り越えることができたら、きっと電話で楽しく雑談をしたり、1日のことを報告しあったりできる日が来ると思います!

彼女さんの本音を理解してあげつつ、これからも楽しいお付き合いを続けていけたらいいですね。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする