電話が苦手!仕事の電話の9割は3つのポイントに気をつければ大丈夫!

スポンサードリンク




電話対応ってなかなか難しいですよね…?

慣れるのに時間がかかるし、経験が浅いと、相手の顔が見えない分、不安でしかたがない、またきちんと出来ないと言った言わないのトラブルの原因にも。

緊張してしまって、伝えなくてはいけない用件を忘れてしまったり、話の速度についていけず、メモが上手くとれなかったり。

そんな経験はありませんか?

私もずっと電話が苦手で悩んできましたが、今ではすっかり仕事の電話の苦手意識を克服できました!

ポイントはたった3つ、パニックにならない、落ち着く、内容を正確にメモする

これだけです。(詳しくは後半でご説明します)

そんな電話が苦手なあなたのお悩みを解決すべく、今日は私の電話応対攻略法をお伝えしますので、参考にして下さい^^

電話が苦手なのは、なぜなのか?その理由を考えてみました。

電話が苦手な理由ですが、(私もそうでしたが)大きくは以下の5つになると思います。

その1:顔が見えないやりとりだから

電話は相手の表情が見えないこともあり、不安になることも多いですよね。
表情が見えない、ジェスチャーもないので、感情が伝わりづらく、相手の状況も推測しづらいので、難しく感じるのでしょう。
また話しているうちに緊張してしまい、何が言いたいのか分からなくなってしまう人も多いです。

その2: 聞き取りが苦手

直接会って話をしている時は大丈夫でも、急に相手が何を言っているのか聞き取り難かったり、アレソレコレなどで混乱してしまうパターンです。
メモ帳があっても、何を書きとれば良いのか分からず、パニックになってしまう人も多いみたいです。

その3: そもそも会話が苦手

電話だけにとどまらず、コミュニケーションをとること自体がそもそも苦手な人もいます。相手の話に興味が持てず共感できない場合や、雑談が苦手なので要件が終わったらすぐ切りたくなってしまうという理由もあります。

その4: 沈黙がこわい

電話で話題が途切れてしまったときの沈黙が嫌で、電話を嫌いになってしまう人も多いそうです。
自分で何か話題を考えなければと焦り、かえって空回りしてしまうことがあるようです。
一度そのような経験をしてしまい、怖くなって電話嫌いになってしまった人もいます。

スポンサードリンク

その5: 誤解しやすいから

電話はメールと違い、文章を改めて確認することができません。
電話後に、本当にそう言っていたのか、言っていなかったのかという行き違いを生むことがあります。その行き違いの経験が電話への恐怖に変わってしまったケースもあるそうです。

電話が苦手な人が克服する為に必要なのはたった3つ!その理由と共にご紹介します

電話は苦手だけど、どうしても克服しなければならない。

そもそも仕事で電話を使うなら最低限の応対は必須です。

苦手な電話克服法がこちら

その1: マニュアルを頼りに話してみる

電話でどうしても緊張してしまう場合、マニュアルを作成しておきましょう。
一連の流れが分かるので、途中で頭が真っ白になっても、文章を作っておけば、見ながら喋ることができます。

その2: メモをフォーマット作成しておく

事前にメモをフォーマット作成しておけば、最低限、なにを質問しなければいけないのかが分かるでしょう。
緊張してパニックになってしまい、電話で聞き取らなければならなかった内容を忘れてしまう事故を防ぎます。

その3: 重要なことはメッセージでやりとりをする

どうしても電話が苦手な場合は、電話後に確認のメールなどをしましょう。
2度手間にはなってしまいますが、重要な話ほど文章で残しておくということが必要です。

電話が苦手!仕事の電話の9割は3つのポイントに気をつければ大丈夫!まとめ

いかがでしたか?今日は電話に苦手意識のある、あなたのために対処法をいくつかご紹介いたしました。

準備を事前にしておくことで、急な電話にもバッチリ備えられます。
簡単にチャレンジできる方法ばかりなのでぜひ、試してみてくださいね!!!

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする