子育ては叱り方が9割!やってはいけない叱り方とは?

スポンサードリンク




子育ての悩みはつきないけれど、

実は多いのが子供を叱っているつもりでついつい感情的になって、

叱ってるのか、怒ってるのか?何が何だか分からなくなってしまう。

こんな経験したことありませんか?

今回はやってはいけない叱り方について、考えさせられた経験と

どんな風に叱ればいいのかをあげようと思います。

子育ては叱り方で決まる!?子供の声に耳を傾けてますか?

子供って色んな事をしでかしてくれますよね。

何だかいつも私はガミガミしているなーなんて思ってるママも多いのでは?

私もしつけは厳しくしておいた方がいいと思っているので

子供に対しては、説教が多かった派なんですが、

あ、これは子供の気持ちを聞かないとまずい!!」と思った経験があります。

子供が小学3年の頃、塾の科目を1教科追加した時の事です。

国語は1年の時からやっていたのですが

一応、子供と相談して算数を追加したんです。

3か月後、塾の親面談があった時に先生から

「H君はプリント5枚渡してあるのに、3枚しか返ってこないんですけど、

お母さんわかります?」と言われました。

不思議に思った私は家に帰り、プリント置き場を探してみました。

すると、国語のプリントの間に

答えの書かれていない算数のプリントがワンサカ出てきたんです。

「あらー!これはまずい、子供がかえってきてじっくり聞かないと」

と私はやけに冷静になったんです。

で、子供が帰ってきてから「座ってくれる?」と言い、

私も座りプリントの束を見たとたん、子供が泣き出したんです。

「ごめんなさい。お母さん、僕は算数はやりたくないんだよ。

先生は出来るから5枚っていって渡されるけど、出来ないんだよー。」

ってしゃくりあげて泣き始めたんです。

「やめたいの?」って聞くと「うん」と言ったので、嫌がってまでやらせる事ないなと思い

「国語もやめたいのは?」と聞くと

「国語は物語も色んな他の事も書いてあるから面白いからやりたい」といったので

「わかった、じゃあ算数の事は先生に言うから安心してね」というと、

子供も楽になったのかおやつを食べにいきました。

いつもの私なら頭ごなしに怒っていたかもしれませんが、

その時私が考えたのは自分が子供ならどうだろうという事。

それと、あの子がこんなにプリントを隠していたのは

何か理由があるはずだという勘でした。

ズルや隠し事をする子になってしまっては、これから先よくないと思った私は

その後先生に話して本人の希望通りにしました。

子育ての叱り方で絶対にやってはいけない悪い例

スポンサードリンク

やってはいけない叱り方をいくつかまとめてみます。

・子供がどうしてそういう行為をしたのか、子供の言い分を聞かない

・感情的になって頭ごなしに怒る

・1つの行為の事だけでなく子供を全否定するような叱り方をする

・子供を追い詰め逃げ場をなくすような言い方をする

・子供にいつも言い聞かせている事と親がやっていることが違うような言い方をする

・自分が疲れているからといって八つ当たり的に叱ってしまう

・両親そろって叱ってしまう(子供の逃げ場がなくなってしまうので)

・くどくど同じ事を叱る

どうですか?1度でもこんな叱り方をした事ありませんか?

私も、やってはいけない叱り方をさんざんやっていました。

子供を叱るときはどうしても感情的になってしまいがちですが、

頭に血がのぼりそうになったら一度深呼吸して、

冷静になってから子供の言い分を聞いたり、こちらの思いを伝えてみましょう。

たとえ小さな子供でも一人の人間です。

なぜいけないのか?どうしてこんな事をしたのか?

「怒る」のではなく「叱る」ことを心がけて、

子供と向き合えばきっとわかってくれるはずです。

子育ては叱り方しだいで子供との信頼関係を構築できる!

大人だって子供の時代もあったのに

大人になってしまうと、当時を忘れてしまうものです。

そして何より自分の子供ではあっても

自分とは違う人間だってことを常に意識しなければいけません。

つい忘れがちになるんですよね。

子供が叱られても自分が受け入れられていると感じていれば

自分を否定する事もなく、隠し事をする事もなく自分の意見を

言ってくる気がします。

現にこれを境に徐々に嫌な事は「NO」と言える子供に成長して、

今は社会人となった息子から、私は色々な事を学んだような気がします。

子供も初めての経験かもしれないけれど、親だって初めての経験です。

失敗も多くあるけれど、その中から学んでいくわけなんですよね。

子育てのマニュアル本も沢山出ているけれども、1人1人違うわけですから

結局、叱り方もその子にあった叱り方をするのがいいわけで、

それって親子の間で長年かけてわかっていくもんじゃないかな?と思います。

もしもプリントの件で私が頭ごなしに叱っていたら(というか怒っていたら)

子供は泣くだけで、自分の本当の気持ちを言わなかったかもしれないし

次に何か困ったことがあっても

「お母さんに言うと怒られるから、何とかして隠さなければ」と思って

そういう行動をとっていたでしょう。

だから叱り方で親子の信頼関係も変わってくるんじゃないかな?と思います。

子育に正解はなし。子供と一緒に叱り方も学んでいこう

やっちゃいけない子供の叱り方について

自分の経験をもとにまとめてみましたが、顔が違うのと同じく子育てだってそれぞれです。

親子で経験して学びながら、失敗しながら反省して、見つけていければいいですね。

お互い頑張りましょう^^

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする